2016.07.22~2

ハノイで「日本の看護と患者ケア」セミナー開催

7月22日と23日の二日間にわたり、ベトナム看護協会と全日本病院協会の共催による看護セミナーとワークショップが開催されました。


セミナーのテーマは
「日本の看護の全体像」
「看護師の役りと職務=感染制御を中心に=」
「老年看護と介護=病院から在宅まで=」の3題。


翌日のワークショップでは
「脳出血の患者と廃用症候群の看護」
「傷の処置と褥瘡予防・処置」
「日本の介護度判定とケア内容」について発表があり、参加者との意見交換がありました。


日本のベテラン看護師が具体的的実践を通した資料を作り、政策、教育、実践を伝える内容となり、日越両国の看護師の善き交流の場となりました。
AHPネットワークスは、今回のコーディネイトの大役をはたすことができました。

2016年07月23日